2017年9月23日からNHKで放送されるドラマ『アシガール』で主演することになりました。

さらに実は、リケジョである黒島結菜は、若手女優にしては主演作が多く、これからますますのブレイクが期待されています。

そこで、彼氏の噂などを中心にどのような人物なのかたっぷりフォーカスしていきたいと思います。

スポンサーリンク

黒島結菜は、高学歴ガール!

引用元:http://yuinakuroshima.com

名前:黒島 結菜(くろしま ゆいな)
生年月日:1997年3月15日(18歳)
出身地:沖縄県糸満市
血液型:A型
サイズ:身長・162cm
憧れの女優:満島ひかり
高校のときの部活:バドミントン部

引用元:http://kimamana-topic.com/2496.html

沖縄出身の芸能人といえば、まさに憧れの満島ひかりや仲間由紀恵など、とにかく美人が多いことで知られています。

日本を代表する若手女優の二階堂ふみも受賞したことで知られるウィルコム沖縄のイメージガールコンテストの「沖縄美少女図鑑賞」を受賞し、芸能界入りを果たしました。デビュー直後から可愛いとして話題を呼び、あっという間にメジャーシーンで活躍するようになって行きました。

引用元:https://ciatr.jp/topics/48479

実は、近年「美少女図鑑」から芸能界入りする女性が増えているそうなんです。

櫻井日奈子や馬場ふみかなどもご当地の「美少女図鑑」から芸能界入りしました。

ただ、芸能人になりたいから応募したわけではなかったそう。

というのも、黒島結菜の母親が人生勉強として「アピール力」をつけるために応募させたようです。

なんでも、かなりの人見知りだったようで、それを克服させたいという目的があったんでしょう。

2012年に日本郵政の『笑顔、つながる。写真年賀状プロジェクトプロジェクト2013』というCMに出演し、芸能デビューを果たしました。

その後、2013年に出演した「NTT docomo 想いをつなぐ編」で一躍注目を浴びることとなりました。

デビューしたことに伴い、沖縄を離れ、東京で一人暮らしを始めたそう。

しかし、芯が強いというか肝が座っている部分があるためかこれまで一回も寂しいとか帰りたいとか弱音を吐いたことはないとか。

2013年に公開の映画『ひまわり〜沖縄を忘れない、あの日の空を〜』という作品で女優デビューを果たします。

その後は、映画『ストロボエッジ』やドラマ『ごめんね、青春』などの話題作に次々と出演し、着実に知名度を上げていきました。

そして、転機が訪れます。

2016年7月から放送されたドラマ『時をかける少女』では初主演を務めることに。

もともといろいろな人が演じてきた作品のリメイクということもありましたが、結果としては、「黒島結菜なりの時をかける少女」を演じることに成功したのではないでしょうか?

それを機に、演じる役は「ヒロイン」か「主演」が主体となり、脇役があまりなくなりました。

引用元:https://twitter.com/search?q=%23黒島結菜

引用元:https://twitter.com/YUINA_kisaragi2/status/907852226848333825

そして現在は、2017年9月23日から放送開始のNHKドラマ『アシガール』で弟が発明したタイムマシーンで戦国時代にタイムスリップし、

健太郎演じる若君に恋をして足軽になっちゃう女の子を演じます。w

とにかく恋のためなら一直線でまっすぐな主人公らしいです。

なお、2018年公開の映画『プリンシバル〜恋する私はヒロインですか?』では、ジャニーズWESTの小瀧望とともに、W主演を果たす予定です。

高学歴で、リケジョとの噂

気になる黒島結菜さんの学歴の情報なんですけれどもどうやら中学は糸満市立糸満中学校を卒業し、高校は糸満高校を卒業しましたって話です!
引用元:http://jo-ho.biz/女優/黒島結菜はすっぴんも可愛い!高校や大学と彼氏/

勉強は嫌いじゃないみたいで、得意科目は、「数学・物理」と発言していることから「リケジョ」と言われているよう。

当初、大学は、泉澤祐希竹内涼真が通っていた(る)「”立教大学”なのでは?と」噂されていました。

大学の合格発表だった日と立教大学の合格発表日が同じだったからです。

しかし、多くの目撃情報と「ももいろクローバーZの有安杏果(緑)と同じ大学」という情報から「日本大学芸術学部写真学科」にいることが明らかになりました。

以前インタビューにて「大学は写真学科のあるところにいます。」と発言していたそうで。

写真学科に進んだ理由としては、”ずっと撮られる立場だったけど撮る側の立場に立ちたい”という純粋な想いからなんだとか。

はっきり本人がこの大学にいると発言したわけではないですが、「写真学科」は珍しいですし、多数の目撃情報があることから間違いないと見てよいでしょう。

本人いわく、冷めている部分があり、「THE大学生」というイメージとは真逆なんだそうです。

授業が終わったら、すぐさま寄り道せずに言えに帰るそうですよ。

写真部のほかの部員は自分たちの写真をいろんな人に見せ合いっ子しているようですが、黒島結菜の場合は、「誰かに自分が撮った写真を見せるなんてできない」そう。

スポンサーリンク

黒島結菜の性格は実際のイメージとは真逆説

引用元:http://kyun2-girls.com/archives/1216

外見や演じている役のイメージなどから「黒島結菜=クールな女性」という印象が強い人が多いのではないでしょうか?

実際のところは、明るく元気なおてんば娘って感じのようです。ww

当初は「人見知り」だったそうですが、それはもう解消されたということなのでしょうか?

周りからは、主に「年齢の割に、大変落ち着いてしっかりしている」と言われているとか。

「サバサバしている」「自分をしっかり持っている」という意見も多いようです。

たしかにそういうイメージはありますが、明るくて天真爛漫なイメージはあるようでない(どちらかというと大人しくてクール)感じなので、少々意外でした。

業界の方からは「求めたものをちゃんと返してくれる」とのこと。

「こうして欲しい」「ああして欲しい」とリクエストすると本番ではそれと同等かそれ以上のものを必ず返してくれ、期待感があるとか。

また、カメラ愛が異常に強すぎて「カメラを持つと目つきが変わる」という話もあります。www

以前『しゃべくり007』でカメラで上手な写真の撮り方について解説しましたが、「うますぎ」とかなり反響があったようです。

いろんな芸能人がやっている自撮りは一切しないそう。

あくまでも主役は「風景」という考えが強い様子。

そういったイメージもまた、彼女の性格なんだと割り切るしかないでしょう。

松岡茉優と勘違いされて・・

引用元:http://buzz-press.com/kuroshimayuina-matsuokamayu-8202.html

よく言われているのが、「黒島結菜と松岡茉優の区別がつかない」ということです。

実際に、「黒島結菜が出演していると思って松岡茉優の出演ドラマを見ていた。」という衝撃な意見もネット上でちらほらでています。ww

松岡茉優のほうが2歳年上でお姉さんなのですが、全然そう見えないですよね。

黒島結菜が大人っぽい雰囲気をまとっているからですから??

髪型もなんとなく似ていますしね。

正直、外見は結構似てしまっているので、(笑)なかなか見分けるのが大変かと思います。

でも、松岡茉優は「おしゃべり」です。

そのため「会話したら違いがわかる」と言えるでしょう。ww

んーーー。外見で判断できないと困りますがね。

黒島結菜は何気にモテるって本当?

これまで多くの作品に出演してきた黒島結菜は、共演俳優との噂がいろいろ聞こえてきています。

1:葉山奨之

引用元:http://buzz-press.com/hayamashouno-kuroshimayuina-9209.html

2013年に放送されたベネッセコーポレーションの『進研ゼミ 高校講座』のCM共演が2人の出会いでした。

そして、黒島結菜の存在が話題になった『NTT docomo』のCMでも再び共演するのです。

・・・・・というかその後も共演が続きます。ww

ずばり熱愛が噂されている経緯としては、「あなたたち、共演しすぎでしょ。さては熱愛しているの?」ってことです。w

2014年放送のドラマ『十七歳』、2015年3月公開の映画『あしたになれば』でも共演。

これらの共演数と、共演した作品のなかでの仲睦まじい姿により「彼氏では?」と言われているようです。

ですが、目撃情報なども一切なく、確証をつく話もありません。

したがって「ガセネタ」と言えるでしょう。

共演しすぎてるんで「恋が生まれてもおかしくない」と考える人が多いのもうなづけますが。w

まあ、「仲良し」ではあるみたいですね。

2:小関裕太

引用元:http://buzz-press.com/kuroshimayuina-matsuokamayu-8202.html

ドラマ『ごめんね、青春』や2015年『あしたになれば』という作品で小関裕太と共演した黒島結菜。

「デートしていた」という目撃情報がありました。

ですが、あくまで「そう発言している人がいる」という程度の噂であり、確証のある証拠が何かあるわけではないようです。

そのため、ガセネタである可能性が高いのでは。

ほかにも『時をかける少女』で共演したSexy Zoneの菊池風磨や竹内涼真との熱愛の噂もあったそうですが、「ただ共演したから噂になっただけ」という程度で単なる噂と言った感じです。

黒島結菜は「鉄壁ガードの女」wwと言われているようで、とにかく浮いた噂が一切無いことでも有名のよう。

なので、上記の噂はどれも「共演しただけで噂になってしまっただけ」のようですから、おそらくは、彼氏はいないという認識でよいの

ではないでしょうか。

スポンサーリンク

主演作多の黒島結菜の今後

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2147048509480323601

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NMaRx4483IY

2016年に初主演を務めた『時をかける少女』以来、ちらほら主演作が増えてきている黒島結菜。

業界の人には「黒島結菜は、同じ人がいない唯一無二の女優」と言われているようです。

うまく伝わるかわかりませんが「飾らない・こびない・染まらない」魅力がある気がします。

周りにどんなうまい俳優がいても引っ張られず”黒島結菜”という宝石として輝いている気がするから。

それに、自分をいろんな意味でさらけ出しているイメージがあり、良い部分も悪い部分も演技を通してストレートに演じる魅力も持っている気がします。

それでいて、たしかな演技力があるので、見ていて気持ち良いスカッとする魅力もあります。

それってできそうに見えてやはり普通の俳優ではできないことである気がするのです。

褒めすぎですか?w

初主演で進化した演技力

透明感の中にある「逞しさ」こそが最大の黒島結菜の魅力と考える人が多いようです。

初主演を務めた『時をかける少女』は、何度もリメイクされた作品であり、過去のヒロインたちといろいろ比べられ、「演技下手くそ」「合わない」などと何度となくネット上で罵倒されることもあった様子。

でも、めげずに演じ続けてくれたフレッシュで聡明な彼女が描く世界観にのめりこむ視聴者が続出。

最終回頃には、黒島結菜のことを受け入れている視聴者がかなり増えたそうな。

それを機に、演技がとても成長し、彼女にとっても「分岐点」となる作品となったそうです。

黒島結菜の主演が増えている理由としては、人気がでてきたという要因ももちろんあるかと思います。

でも、それ以上に「存在感」が強いからなのではと考えています。

そこに普通にたっているだけでなんとなく印象に残るくらいの存在感があると思うのです。

どこにでもいる等身大女子感

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Yu-zto12Luo

また、美人というよりも「どこにでもいる普通の女の子」といった外見です。(すいません)

だからこそ、感情移入したいし、同時に好感もわきます。

彼女は、独特の眉毛をしていますが、「その眉毛が不細工な要因では?」という人もいます。

でも、その太い眉毛があるからこそ、黒島結菜の目力が生きる気もするのです。

(ちなみに整形疑惑がありますが、整形はしていないと思います。)

なので、周りに何を言われても等身大の黒島結菜でいて欲しいななんて個人的には思います。

共演する様々な男性と噂になるもの、それだけ黒島結菜が「等身大」でナチュラルな魅力があり、そこがモテる要素となっているからではないでしょうか。

これからますます活躍が期待される彼女だからこそ、もっともっと進化していくことが楽しみですし、期待しています。

スポンサーリンク