朝ドラ『ひよっこ』で演じた綿引正義役で注目を浴び、その確かな実力が評価され、今着実に人気急上昇中の俳優、竜星涼。

彼もまた”ブレイク俳優の登竜門”と言われている戦隊モノ出身です。

大変変わった名前ですが、本名はどんな名前なんでしょうか。

そのほかにも竜星涼にまつわる噂や秘密などを通して、彼の人物像に迫っていきましょう。

スポンサーリンク

噂1:竜星涼の本名に衝撃?

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=b8-xbQDD-mo

竜星 涼
Ryusei Ryo
生年月日 : 1993年3月24日
身長 : 183cm
出身地 : 東京都
血液型 : A型
趣味 : サッカー・バスケ
特技 : 走り高跳び

引用元:http://www.ken-on.co.jp/artists/ryusei

16才の頃、(2009年)に行きつけの美容院(原宿の竹下通り)に行く途中に、現在所属している研音のスタッフにスカウトされました。

2010年1月から俳優として芸能界デビューを果たします

同年、ドラマ『素直になれなくて』で俳優としてデビュー。

2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』でキョウリュウレッド役に大抜擢

ヒーローシリーズの主役と同時に、ドラマの主役も初めて務めることに。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2133689956262202401

2014年に出演した『ごめんね、青春』ではちょっとした転機が訪れます。

というのも、それまで”竜星涼=ロン毛(長髪)”というイメージでトレードマークのようになっていました。

しかし役作りのため、ばっさり切ることを決意。

 

大学進学せず、俳優として生きていくと決めたきっかけ?とされているのは高3の時に出演した『桜蘭高校ホスト部』の主要メンバーに選ばれたことという話があります。

この作品は、大人気漫画の実写化ともあり、かなりの人気度がありました。

同時に主要メンバーに抜擢されたことで人気、知名度が出てきたことに伴い、本人的に「将来は、俳優一本で行きたい」という腹を決めます。

そのことで進学する道を辞めたとされているようです。

(このことだけが、決断した100パーセントの理由ではないかもしれないですが。)

以来、俳優として本当に様々な作品に出演し、根強い評価を受けてきました。

中山美穂と濃厚なラブストーリーを演じたことも。

また、2o17年公開の映画『君と100回目の恋』では、劇中のオリジナルバンドでベースを担当していたこともありました。

この作品のため、ベースの猛特訓をしたそうですが、ベースは弦が硬いようで、よく手に豆ができてしまっていたそう。

主演を務めた歌手のmiwaのすごさを感じ、彼女の足をひっぱらないようにととにかく必死だったみたいです。

そして、映画『Bros.マックスマン』では、初代マックスマンを演じた千葉雄大の弟役として、2代目マックスマンとして、主演も務めました。

この役は、「キョウリュウジャー」の時のような正義に満ち溢れたまっすぐな正義のヒーロー役だったため、どこか懐かしく、嬉しく思った人も多かったのでは?

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=b8-xbQDD-mo

モデルとしても活動しているゆえ、パリコレに2年連続出場した経歴も持っています。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=b8-xbQDD-mo

とくに2017年の活躍はめざましいものがある印象があり、かなり今後の活動も期待できるのでないかと踏んでいる所存です。(個人的に)

竜星涼の気になる学歴は?

武蔵野市立第五中学校→ 田無高校へ進学。

東京都立の共学の学校だったようです。

偏差値的にはかなり平均的な学校のようで。

小学生から中学生までの約6年間は、サッカー部だったそう。

そして、俳優として芸能活動を始めたのは高校2年生の頃でした。

ちなみに大学は進学していません。

竜星涼の本名はいったいなんなのさ

”流星涼(りゅうせいりょう)”なんていかにも芸能人名前すぎますよね。w

一体、本名はなんというのでしょうか。

「三上竜星」(みかみりゅうせい)が最有力と言われています。

というのも、どうやら同級生がバラした?らしい。

もうサービスを終了してしまったのですが、以前配信していた『前略プロフィール』というサイトの”三上竜星”のものが竜星涼自身のプロフィールと大変よく似ていたことで、同級生の話に信憑性が増してきた様子。

生年月日や血液型のほか、好きなスポーツがバスケという情報までおなじだったそう。

また中学生の時の「走り幅跳び」の大会記録まで一緒

はたまた、「三上竜星 サッカー」で情報を検索すると、竜星涼が通ったとされている「関前サッカークラブ」に三上竜星が所属していたといわれています。

もう、これは「本人」でしょ。ww

偶然とか多少はあるかと思いますが、大会記録とか通っていたクラブまで一緒っていうのはもう。w

公表しているわけではないので、断定はできませんが、正直「竜星涼=三上竜星」という認識で間違いないのだと思います。

スポンサーリンク

噂2:母親は有名人?

三上竜s・・・・竜星涼の母親は、有名人という噂があるのご存知ですか?

芸能人ってわけではないのですが、どうやらファッション関係のお仕事をされているようです。

噂ではおそらく「世界的に活躍するファッションデザイナー」では?と言われています。

「母の日のプレゼントあげたいけど、今、日本にいない」とブログで書き込んでいたそうで(竜星涼が)、このことから世界で活躍している人という可能性が高いとされています。

一部では「ファッションデザイナー」ではなく、「モデル」では?という説もあるようですが。

竜星涼がパリコレデビューをした際、お母さんはかなり喜んでくれたそうですよ。

それらの情報をブログでちらほら記載していることからも、「ファッション系」の仕事をしている線が濃厚では?と言われているそうです。

またブログにたびたび母親の話はでてくるのですが、父親の話題が皆無

このことから予想するにおそらくは”母子家庭”では?と言われています。

まあ、確かに可能性は高そうですね。

単純に父親と仲が悪いのかな?とも思ったんですが、あまりにも出てこなさすぎるので。

噂3:生田斗真のメールアドレスを消去した衝撃理由

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2133689956262202401

2017年11月現在、公開中の映画『先生〜好きになってもいいですか?』で生田斗真と共演している竜星涼。

舞台挨拶に登場した際、衝撃の告白をしました。ww

「今だから言える話」を公開告白。竜星は「(メールの)連絡先の整理をしていた時に“伊藤先生”と登録していた方のアドレスを学校の先生かなと思って、パッと見てプッと消しちゃった」と告白。しかし、それは本作で“伊藤先生”を演じた生田のアドレスで、生田は「だからだ~。俺、竜星にメールしても全然返ってこないと思ってた。『今どこ?』って送っても返ってこない」と、実は疑問に思っていたことを吐露。竜星は「本当に嫌いになったとかじゃないんです!」と必死で釈明し、後で再度教えてもらう約束をもらい、安堵の表情を見せていた。

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0095605

役名で登録してしまうところも、それを覚えてなくて消してしまうところももう、おかしすぎます。ww

意外に「天然さんなのかな?」と感じました。

まあ、また教えてもらう約束をしたそうですから、一安心ですね。

スポンサーリンク

噂4:キョウリュウジャーの活躍がすごかったって本当?

引用元:http://tokusatu-hero.com/2014/05/02/577

竜星涼の最大の代表作と言われているのが、やはり『獣電戦隊キョウリュウジャーの桐生ダイゴ(岩泉猛志ノ介)役』です。

素直でまっすぐな好青年のキャラをまっすぐに演じています。

近年、戦隊モノは、「イケメン俳優の登竜門」と言われていますよね。

最近特に、戦隊モノ出身の俳優のブレイクの勢いが止まらないように思います。

ましてや竜星涼は、主演に大抜擢されていますからね。

注目されているのは間違いないでしょう。

当時、竜星涼は、”アクションシーンの身のこなしがとにかくかっこいい”と話題になっていた様子。

しかも印象的だったのは、女性や子供だけではなく、同年代の男性にも支持されている点です。

このことから、「イケメンだから」ということではなく、純粋に演技で評価されていることが言えるのではないでしょうか。

「声が素敵」という声も多かったようです。

今の竜星涼のイメージと、個人的には少々違う感じはしましたが、演技力はこの時から健在なんだと思いました。

竜星涼は、やはりこれぞレッドって感じで「感情のままに突っ走るまっすぐな男の役」でしたが、普段のイメージは、個人的には「クールで冷静沈着なしっかり者」という感じがしたので。

現在、本当に様々な役を演じている竜星涼ではありますが、「原点」は間違いなくこの作品だったのではないでしょうか。

竜星涼の彼女はキョウリュウジャーのあの人?

引用元:http://moco-garden.com/archives/1222

竜星涼の熱愛相手とされているのは、キョウリュウジャーで共演した今野鮎莉(キョウリュウジャーピンク)とされています。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2141705300922605401/2141705391324065003

もともと、キョウリュウジャーの撮影時から非常に仲が良かったようで、よく食事に行ったりしていたと言われていたとか。

2014年6月5日、週刊誌(女性セブン)に手繋ぎデートをすっぱ抜かれており、(そば屋でデートしていたとか)当時、交際していたことは確定??かなと思います。

だって友人同士で手をつなぐってそうありますかね?

しかも”見つめあっていた”そうですからねえ。

ですが、お互いの事務所はこの交際について一切のコメントを出しておらず、最近全く話を聞かないことから「別れさせられた」or「自然消滅」などで破局したのでは?と言われているようです。

単純に「仲は続いているけど撮られていないだけ」の可能性もなくはないかと思いますが。

噂5:竜星涼のブレイクは難しい?

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=XZOaC7xA6gM

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7qNM61q1v3U

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=pIA6mqiJXuw

竜星涼はすでにいろいろなドラマや映画にひっぱりだこなんで現在の状態で「ブレイクしている」という認識で良いかと思います。

でも、まだまだ名前は一部の人にしか知られていないと思うのです。

正直、私自身も今回この記事を書く前までは「りゅうせいりょう」と読めず、違う読み方でいろいろ呼んでいました。

2017年現在も、本当に数多くの作品に積極的に出演していますし、着実に知名度が上がっているというのはいえるでしょう。

やはり『ひよっこ』に出演し老若男女に知っていただけたことも大きい功績だとは思うのです。

これからどのような作品に出演するかはわかりませんが間違いなく実力はある方だとは思いますから素敵な役に出会って、人気が爆発することを祈っています。

おまけ:ひよっこ『綿引正義』の活躍プレイバック

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=b8-xbQDD-mo

ロス現象まで生んだ大人気朝ドラ『ひよっこ』にて、主人公みね子の家族が暮らす茨城出身の警察官『綿引正義』役を熱演しています。

父親が東京に出稼ぎに行ったきり帰ってこなくて、みね子の母親が東京の警察に行くも取り入ってもらえず。

そんな時、話を聞いていて当時、その派出所に勤めていた綿引正義が父親の捜索をかってでてくれるという登場の仕方をしています。

竜星涼いわく「いい人ではなくとんでもなくいい人」と語っています。

正直、その例え、ものすごく共感します。

そして結果、綿引の活躍で父親の行方が判明するのです。

このことからみね子にとって「綿引=大切な人」という式が完成しますが、残念ながら?恋愛関係というまでにはいかなかったよう。

正直、出番がそれほど多い役ではなかったですが「綿引さんの登場をこころ待ちにしていた」という視聴者も少なくはないようで。

竜星涼いわく「恋愛感情というよりは妹みたいな感じ?」と当時のインタビューで答えていました。

純粋にきっと綿引正義という役は「困っている人をほっておけない性分」なのかもしれないですね。

ちなみに朝ドラのオーディションを受けるのは3回目で、いままでずっと落ちてきたそうですが、3度目の正直でやっと今回合格となったようです。

順風満帆な俳優人生に見えてこのような苦労もあったんだなと思ったらすごく素直に好感が持てました。

これからますますの活躍、期待しております。

スポンサーリンク