2017年公開された映画『君の膵臓をたべたい』に主演し、一躍人気俳優となった北村匠海。

2018年もすでにドラマや映画への出演が決まっており、間違いなく今年注目の存在です。

そんな北村匠海はどうやら多くの女性と熱愛の噂があったり、実は音楽活動もしているなど気になる部分がたくさんありました。

そこで今回は、そんな気になる北村匠海の秘密をたくさん調査いたしました。

スポンサーリンク

実は子役で活躍してました。

引用元:https://news.walkerplus.com/article/116879/image643947.html

名前:北村 匠海(きたむら たくみ)

生年月日:1997年11月3日(19歳)

身長:175cm

血液型:B型

職業:俳優・歌手・モデル

引用元:http://masayann777.com/kitamuratakumi-dish-152

小学3年生で大手芸能事務所「スターダストプロモーション」のスタッフにスカウトされ、芸能界入り。

(※同事務所に所属)

NHK「みんなのうた」で2008年2月〜3月放送された「リスに恋した少年」という楽曲にて歌手デビューを果たします。

また、俳優としては、2008年に映画『DIVE!!』に初主演でデビュー。

さらに、モデルとしても活動しており、『小学6年生』で2009年読者モデル特別賞を獲得するのです。

また2010年には活躍の場を広げ、『スターダストプロモーション』所属の俳優で結成されたアイドルユニット「EBiDan」のメンバーに選出されます。

実は、現在所属している『DISH//』というユニットは、その『EbiDan』のメンバーで結成されたダンスロックバンド。

しかもこのユニットのリーダーとなります。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=foNe74p7VLA

はじめは、エアギターなど、エアーでの演奏だったんですが、練習を重ね、じょじょに自分たちでの演奏が可能になってからは、エアバンドを卒業しました。

(北村匠海は、メインボーカルとギターを兼任しており、間違いなく、ユニットの中心人物となっております。)

「ダンスロックバンド『DISH//』の一員としても活動しています。北村さんはボーカルとギターを担当し、昨年は3枚のシングルをリリース。8月に発売されたシングル『僕たちがやりました』は、同名のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)の主題歌となり、主演の窪田正孝さんらとコラボする形で、配信限定の別バージョンもリリースするなど、昨年は音楽活動も活発な1年でしたね」(レコード会社関係者)

引用元:http://www.jprime.jp/articles/-/11402?display=b

『僕たちがやりました』は、主演の窪田正孝らともコラボをしたことで、どうしても窪田正孝がメインの感じが抜けきれない感じがしました。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=Fvo7jsu9ZFY

窪田正孝とその仲間達みたいな。(主演なので、仕方ないですが)

でも、この曲をきっかけに『DISH//』を多くの方に知ってもらうきっかけになったのは間違いないでしょう。

そして、俳優としても活動の場を広げ、2017年に出演した『君の膵臓をたべたい』では、「日本アカデミー賞新人賞」を獲得するなど、その繊細で器用な演技力は今、大変注目されているんです。

俳優として、「北村匠海というイメージを毎回変えていきたい」と発言したことがありました。

俳優とアーティストどちらも自分にとって大事だと思うからこそ、都度進化していきたいと話すのです。

「どんな役もはまるような役者になりたい。固定観念にとらわれないようにする。」

おそらくこのような考え方を持っているからこそ、毎回、素敵な役が生まれている原動力になっているんだろうなと思いました。

明石家さんまのお墨付き?

2017年、特別番組の企画で、明石家さんまの若かりし頃の話を又吉直樹脚本のドラマで紹介することに。(「ずっと笑ってた」という作品です。)

引用元:https://natalie.mu/eiga/news/257293

その際、明石家さんまが自分の役を「北村匠海くんで」と指名したそうなんです。

(本人が言っていました。)

その指名を受けた北村匠海は非常に驚いたとのこと。

ですが、大変光栄なことなので是非やらせて欲しいと意気込んでいた様子。

なのですが、北村匠海の性格と全然違う役ですし、大役ということもあってか不安のほうがひたすら大きかったそうです。

毎日、引き笑いの練習wをしていたことも。

「標準語で良い」と言われたそうですが、「それだとバランスが悪くなる気がする」などと、悩んでいたこともあったそうです。

結局行き着いた答えは、「北村匠海が演じる杉本高文(明石家さんま)が見たいんだ」というものでした。

だったら自分らしく、もっと自由に演じてみよう」と、北村匠海なりの個性を盛り込んだ役として演じることにしたのです。

実際に見たのですが、明るく元気でエネルギッシュな感じで、でもどこかおちゃめで頼りになる存在といったキャラに写りました。

スポンサーリンク

新境地が大反響で・・・

2018年1月現在は、『隣の家族は青く見える』というドラマでまさかのゲイ役ということで、新境地を開拓しています。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/tonari_no_kazoku/cast-staff/index.html

(北村匠海は、朔(さく)という役を演じてます。)

第1話では、渉と朔の出会いのシーンが描かれた。渉の行きつけのバーに、偶然居合わせた朔。酔いつぶれ、トイレで気を失ってしまう。

渉とマスターが介抱していると、最近別れた恋人の結婚式の帰りだと打ち明けた朔。なぜ元恋人の結婚式に行ったのかを尋ねられると、「どんな“女”か見てみたかったんだもん」と呟いた。朔は渉を「わたるん」と呼び、「今夜はとことん付き合ってくださいね」と甘えた。

朔は渉に送ってもらう帰り道、道路に寝転んでしまう。渉が起こそうとすると、朔は突然渉を壁に押し付け「わたるんも“こっち側”の人間だよね?」と呟き、キスをした。

引用元:https://search.yahoo.co.jp/amp/s/mdpr.jp/news/amp/1741401%3Fusqp%3Dmq331AQECAEYAQ%253D%253D

この1年後、主人公たちと同じマンションに暮らすことになった渉の元に朔が転がりこみまさかの同居が開始します。

甘えん坊でかわいい年下彼氏をどこか乙女チックに演じてみせた北村匠海。

今回の役は「新境地」ということで彼自身もかなり気合を込めてとり組んでいるようです。

放送直後、ネットではこの渉と朔のカップルに大きな反響が起きました。

そのほとんどが「キュン死にする」とか北村匠海のかわいいけどどこか計算高い朔のキャラがハマり役だと大絶賛する声でした。

キスシーンに対する反響が一番大きかったようで。

なかには「このカップルの今後を応援したいからドラマ見る」なんて人もちらほら。

正直、このドラマを見た時、北村匠海の演技力にすごくびっくりしました。

振り切ってやっているからかもしれないですが、すごく「乙女」ですし、ちゃんと”キャラ”や”立ち位置”を理解して演じているなと思えたからです。

だからか、自然と2人の恋を応援したくなるんですよね。

現在、この作品は視聴率は伸び悩んでいるものの、SNSを中心に反響が多く、根強いファンが多い印象が強いです。

特に、このゲイカップルは「わたさくコンビ」と呼ばれ、大変愛されています。

最終回に向けて、どのような展開になるのか不安もありますが、楽しみにしていますよ。

北村匠海について知る映画評論家の前田有一は、「演技力、個性が大変強くただのイケメン俳優の枠じゃ治らない」と大絶賛。

現在、北村匠海はドラマよりもどちらかというと映画のイメージも強いため「次世代を引っ張る映画俳優として多いに期待している」とのこと。

北村匠海の性格は暗い?

もともとミステリアスな印象の強い北村匠海ですが、実際はどのような性格なんでしょうか?

学生時代は、人見知りがかなり激しく、友人もかなり少なかったとか。

しかし、『DISH//』のメンバーからは、「明るくておちゃめな人」という印象が聞こえてきます。

もしかすると芸能界で活動するようになってから性格が明るくなったのかもしれないですね。

北村匠海の学歴について

北村匠海は、「東京都練馬区」出身の様子。

中学高は、その練馬区にある「中村中学校」を卒業→高校は日出高校とのこと。

中学生のころは、バスケ部に所属していたようですね。

ちなみに、大学への進学はしていないようです。

理由としては、「芸能活動を優先したかったから」とのこと。

仲良しはあの人?

引用元:http://terracehouse-lovelog.blog.jp/archives/4930990.html

そんな北村匠海は、俳優の健太郎と親友のようです。

2人は共に、今年20歳という年齢なのですが、「同い年の俳優さんが意外にいない。だから自然と仲良くなった。」と健太郎がラジオで語っていたことがあったとか。

よくカラオケに行ったりとかしてしょっちゅう遊んでいるそうですよ。

ぜひ、ドラマまたは映画などで今度共演してるところを見てみたいです。

また、新田真剣佑ともすごく仲が良いと聞きました。

真剣佑は、クールな印象がありますが、アメリカ育ちだからか人の懐に入るのが大変上手で、すぐに仲良しになったようです。

スポンサーリンク

本命彼女は一体誰?

これまでに北村匠海の彼女として噂された人物はたくさんいました。

やっぱモテるんですね。

ではその中で「本命彼女」はいるのでしょうか?

いたとしたらどなたが本命?

ということでいろいろ調べてみました。

結果、下記の人物と熱愛の噂が上がっていることが判明。

一人目:飯豊まりえ

引用元:https://dot.asahi.com/billboardnews/2016091400098.html

彼女とは、ともに日出高校出身で学年も同じという仲です。

『ピラメキーノ』という番組の人気企画「ピラメキーノ子役恋物語」で共演したことで熱愛の噂に発展した様子。

しかし、特にデートなどの目撃情報もなく、熱愛といえそうな情報が見当たらないため、ガセネタといって良いでしょう。

2人目:葵わかな

引用元:https://c.filesend.to/ct/?p=4570

映画『陽だまりの彼女』で共演しました。

その際、キスシーンがあったため熱愛の噂に発展した様子。

ですが、彼女もまたそれ以外は何もないので、ガセでしょう。

3人目:石神澪

引用元:http://f.hatena.ne.jp/wlstento/20111003120957

石神澪とも、高校が一緒と言われていました。

噂なので確証はありませんが、どうやら飯豊まりえと非常に仲良しで、同じ高校だと言われています。

飯豊まりえは北村匠海と同じ日出高校出身であるため、そういう噂が出てきたみたいですね。

また、北村匠海と同じものを持っていたり、言動など似てる?(似せてる?)ことが多いことから熱愛の噂があるようですが、特に確証はありません。

おそらくは、熱愛と勘違いした熱狂的ファンがSNSなので、拡散したことにより、よからぬ噂が立ったと推測されます。

実際、交際している?もしくはしていたかもしれませんが、はっきりした証拠などは一切なく、真実は不明です。

4人目:白坂奈々

引用元:https://ameblo.jp/nanashirasaka/entry-12209683097.html

彼女とは、『太陽と海の教室』というドラマで共演しました。

その際、キスシーンがあったため、「熱愛」と騒がれましたとな。w

さきほどと同じパターンですね。

こちらに関してもそれだけで噂されたことなので、ガセです。

5人目:北山詩織(現在は、江夏詩織)

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2136381352193095401/2136539038874741503

SNSでお互いに「いいね!」を付けあっているとか、お揃いのアクセサリー(ピアス)をつけているとかいう噂が浮上<span し、熱愛を疑われました。

ですが、ネットで流れてきた情報ですし、はっきり確認ができかねるため、はっきりいって不明です。

ということで、はっきり熱愛と噂されている人は誰もいないということになります。(おそらく北山(江夏)もガセと判断

ちなみに北村匠海の好きなタイプは「一緒にいて、落ち着ける人」とのこと。

落ち着ける人というのは、おとなしいという意味ではないそう

そばにいて、無理することなく、なんでも話したりすることができる人という意味らしいです。

父親は北村一輝って噂は本当か?

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2045737/photo/1/

”北村匠海の父親は「北村一輝」か?”という噂がたくさんあるそうです。

ただ、結論からいうと答えは「NO」

北村という姓から勝手に親子だと思っている人が多い様子。

ですが、北村匠海は全く関係ありません

北村一輝には、別にちゃんと息子がいます。

引用元:https://芸能人の嫁特集.com/2017/10/11/北村一輝の嫁は富山出身の元ホステス?息子のク/

「北村将清(きたむらしょうせい)」という名前です。

23 才で俳優業をやっています。

北村一輝の息子は一人だけの様子。

北村匠海は、「父・母・自分・弟」の4人家族であるとのこと。

ということは、その時点で北村一輝の息子というのは、おかしいですよね。

北村匠海は、だいぶ昔のブログに、弟と雪遊びをした様子とかいろいろ書き込んでいたことがありました。

一般人のようなので、弟に対する情報は特にありません。

スポンサーリンク

北村匠海は、2018年の顔になれる?

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8m55DbqvDrM

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=DNXB70bbj8o

2017年、圧倒的強さで一気に国民的レベルまでブレイクした竹内涼真。

それに伴い、マスコミもまた、「2018年にそのレベルでブレイクする俳優は誰だ?」と強い興味を抱いているように見受けられます。

その中で最有力候補に上がっているのが、以前記事を書かせていただいた「高杉真宙」、「健太郎」と今回の「北村匠海」です。

(他にも何名か名前は上がっていますが)

正直、北村匠海は、本当にいつ爆発してもおかしくない位置にいるのではないかと思います。

超大手のスターダストプロモーションの俳優であることもその要因のひとつでは正直あります。

でも、それ以上に北村匠海という人物がほっとけないくらい魅力的だからです。

北村匠海の魅力とは

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=A1YKqXjmZd0

簡単にいうと「歌手としての顔」「俳優としての顔」どちらも彼とは切っても切れないところが魅力なんじゃないでしょうかね。

「DISH//」のメンバーとして、正直あまり歌は上手なほうではないとは思うのですが、「言葉を伝える力」が強い人だと思うんです。

演技が上手いからってことかもしれないですが、「その曲ごとにつたえようとしているメッセージを正確に汲み取り、相手に伝える。」

これは、一見誰でもできるかのように感じるかもしれないですが、実はとても難しいことだと思います。

また、俳優としては、大変振り幅の多い役をいくつもこなして来ています。

出演した作品も全てとっても馴染んでいて、役を理解した上で撮影に望んでいることがわかるのではないでしょうか。

2018年1月現在放送中の『となりの家族は青く見える』でもその演技力をフルに使い、同性愛者の男性の役を全力で演じ、大変反響があります。

 

そのため、これから先、どのような役を演じてくれるのか本当に楽しみです。

このように、溢れてて止まらない魅力に世間が気づいてくれたことが大きい気がします。

ミステリアスで何考えているかわからない雰囲気もファンとしてはそそられる部分もあるかもしれないですね。

だって、あの明石家さんまも注目する存在ですから。

それは自慢していいことのような気がします。

そんな北村匠海は、今後どんどんさらに成長し、歌手としても俳優としてもますます進化していってくれることを切に期待です。

スポンサーリンク