元・(新生)モーニング娘。の大人気メンバーだった工藤遥。

彼女は、2018年からかねてより、夢だった戦隊モノに出演することに。

メンバーの中では、1位、2位を誇るほど人気だと言われていた彼女はなぜ、卒業を選んだのか。

そして、女優という道を選択したことで、ブレイクはできるのか?

今回は、そんな新しい道を歩んでいる工藤遥についてたっぷりと調べさせていただきました。

スポンサーリンク

工藤遥のプロフィール

引用元:https://twitter.com/hellopromovie/status/943612661241131009

 

星座 さそり座
出身地 埼玉県
血液型 A型
引用元:https://talent.thetv.jp/person/1000087880/

幼稚園児の時、発表会でモーニング娘。の曲を踊ることになり、それがきっかけでいろいろなモーニング娘。の曲を聞くようになります。

それが、彼女とモーニング娘。との出会いでした。

2010年 ハロプロエッグに加入し、研修生からモーニング娘。を目指す道を選びます。

ハロプロエッグ時代からその元気さと度胸あるステージパフォーマンスで観るものを魅了していた彼女

2011年 「モーニング娘。10期メンバー『元気印』オーディション」に応募。

いままで研修生として培ってきた実力とその特徴のあるハスキーな声がプロデューサーの つんく♂の目に止まり、モーニング娘。に加入できることになりました。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12119193592

その理由についてつんく♂は、「エッグで培ってきた経験とモーニング娘。や歌手に対する思い」とのこと。

合宿当初、やはり経験者ということもあり、他のメンバーよりも実力が上だった様子。

しかし、それに甘んじてはいけないと気を引き締めていたとのことです。

そういった姿勢ももしかしたら合格に結びついていたのかもしれないですね。

のちにモーニング娘。加入時は、メンバーの中で一番人気とされるくらいの人気を誇っていたようです。

なお、水泳が得意で、小学校5年生の時に北島康介にメダルをかけてもらったこともあるそうで、もし、モーニング娘。になれなかったら水泳選手目指していたかもしれないとのこと。

モーニング娘。の中では、当時最年少で加入したものの、「メンバーの誰よりもしっかり者」と評されていた。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=S88zLn1c0xs

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BvLMXUkBaBs

ただ、若気の至りか、加入当初は、先輩に「タメ口で話す」こともあり、本人はこれを「黒歴史」と呼んでいるようです。w

かわいらしい外見ながら強気な性格で、肝が座っている部分があり、ファンからは「ロリやくざ」(ロリコンとヤクザを足した造語のようなもの?)と呼ばれていたこともあったようですね。

近年のモーニング娘。は割とセンターが同じ人で固定されている印象が強いです。

ですが、2015年『Oh My Wish』という曲で、当時のメンバー「鈴木香音」と共にダブルセンターとして、初めてセンターを務めることに。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=AW64s6fUMP4

思わぬ抜擢にダブルセンターながら歓喜の声をあげたファンも多かった様子。

工藤遥の特徴と魅力

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=B9TcoW-bYfI

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8PtduZ7EX1A

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=fNfrtMgpqVI

工藤遥といえば、さきほどもちょっと触れましたが、「ボーイッシュな見た目」と「ハスキーボイス」が最大の魅力かと思います。

加入当初は、これといってボーイッシュというイメージはなかったのですが、途中で、髪の毛をばっさりカットし、気づけば、「ボーイッシュ」とうのが定着していったみたいですね。

ファンの間では、「ロングヘアーのほうが似合っているのでは?」という人が圧倒的に多かったようです。

しかし、迷った時期もありながら、結局、ショートヘアーを貫いていきました。

引用元:https://ameblo.jp/morningmusume-10ki/entry-12167386804.html

引用元:https://twitter.com/morningmusumemg/status/526716394063147009

ハルは《髪の毛はショートの方がいいのか、ボブぐらいがいいのか本気でわかりません!》って言ったんですゎー

やっぱり、メンバーは長い方を選択するのがほとんどだったんです、、、
自分の中ではショートの方がラクっていうのがあるから、伸ばそうにもなかなか伸ばせない状況。
ぶっちゃけ、すごく迷ってます。

ファンの皆さんの意見もちゃんと聞きたい。
モーニング娘。のためにもなりたい。
目立っていきたい。

いろんな気持ちが、自分の中で入り乱れてます、、、。

田中さんには、「好きなようにしーよ、人にとらわれんでさっ!」
って、お言葉をいただきました。

引用元:http://www.colorful-hp.net/archive/entry-986.html

↑の答えとして、工藤遥はロングヘアーではなく、現状の髪の毛をさらに切るという「ベリーショート」にし、ファンの度肝を抜いたこともあったみたいです。ww

引用元:https://ameblo.jp/riho3608/entry-12077698815.html

引用元:https://ameblo.jp/riho3608/entry-12077698815.html

これに対し、「ファンに反抗している」と怒っていたファンもいたそうです。

「ファンの意見聞くんじゃなかったのか」とびっくりしていたファンも。

でも、そういうところが、また工藤遥の魅力のひとつなのかもしれませんね。

これは、あくまで私個人の意見ですが、「ファンに反抗」したというわけではなく、本人も言ってましたが、ロングヘアーが多いグループなので、ショートにすることで、キャラとして目立つために選択したのではないでしょうか。

あくまで、憶測ですがね。

スポンサーリンク

なぜ、モーニング娘。を辞めたの?

引用元:https://thetv.jp/news/detail/130813/

2017年12月11日、突如として約6年というモーニング娘。の活動に終止符を打ちました。

卒業発表を聞いたファンからは、惜しむ声が相当多く聞かれたそうで。(当時のグループの中心メンバーのひとりでもいたので)

彼女が人気絶頂の中、モーニング娘。を卒業した理由としては”女優として活動したかったから”とのこと。

もちろんモーニング娘。にいながらにして、女優活動をすることも可能ではありますが、「アイドルではなく、女優として生きていきたかったから」のようですね。

メンバーの中からも「辞めないでー(泣)」という声も聞こえていた中、工藤遥は卒業ライブで以下のように語りました。

「まずは6年間、アイドルとして支えてくださってありがとうございました。(中略)私の次の夢は、私の主演作の主題歌をモーニング娘。に歌ってもらうことです!」と宣言した。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2151301627256998401

素敵な夢ですね。

とてもいいと思います。

ぜひともいつかこの夢が実現する瞬間を見届けたいです。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VpGFpcIz8bM

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=SQmLjcLfVbo

※歌詞を堪能したい方はこちら↑

ちなみに、工藤遥がモーニング娘。として活動していたラストのシングル『若いんだし!』という曲は、つんく♂が工藤遥のために書き下ろした楽曲とか。

そのこともあってかこの曲では、工藤遥がメインボーカルおよびセンターを果たしています。

(単独センターは初めて?)

歌詞がストレートにつんく♂が工藤遥に伝えたい思いをそのまま込めたって感じがしてぜひ聞いてほしい楽曲です。

でも、卒業ということでわざわざ曲を書き下ろすとはまたすごいことだなとは思いました。

みんなにしていることではないと思うので。

スポンサーリンク

ルパンレンジャーでの活躍は?

引用元:https://www.oricon.co.jp/special/50748/

写真集発売時、女優としての活動について以下のように語っていた工藤遥。

この日はプロ野球ドラフト会議が行われ、注目の早実・清宮幸太郎(18)は日本ハムが交渉権を得た。同級生の工藤は「私もたくさんのテレビや映画から指名される人になりたいです!」

引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/eyecatch/809464/

卒業後、すぐ人気の戦隊ものシリーズの最新作『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』の”ルパンイエロー/早見初美花”としてレギュラー出演が決定しました。

月刊ザテレビジョンでスタートした、ハロー!プロジェクト誕生20周年記念連載「ハロ!愛(ラブ)」の工藤が卒業する前に掲載したWEB版のインタビューでは、モーニング娘。時代の同期である飯窪春菜が「くどぅーは、戦隊ヒーローものをやりたいって言っていた」と語っており、まさにひとつ夢が叶ったと言える。

引用元:https://news.walkerplus.com/article/133819/

また、当時同じ事務所だった真野恵里菜に「将来は戦隊ものに出演したい」と語っていたことがあったそう。

その時、真野恵里菜は「5年後くらいに実現できるんじゃないの?」

と語っていたそうです。

速攻で自身の夢である戦隊ものに出演できるというのはすごいことだと思います。

そして、予想的中させた真野恵里菜もすごいですね。w

今回の役をいだたいたことについて工藤遥は、「私にしかできない役という自信を持って臨みたい」と語っています。

このことに関してファンも歓喜の声を挙げている様子。

また、今回の戦隊ヒーローは従来のものとは違い、ルパンレンジャーとパトレンジャーという敵同士の対決が主軸となるお話のよう。

その中で、工藤遥は巷の声として、「パトレンジャーのほうが人気」という声を聞いて哀しい気持ちになっていたとか。

そんな折、偶然通りかかった幼稚園の前でルパンレンジャーの変身シーンを真似ている子供たちの様子を発見し、感無量だったそう。

「ルパンレンジャーでよかった。」と喜びを噛み締めていたとか。

ちなみに今回の役は従来の工藤遥のキャラとは違い、女の子らしい役なんです。

工藤の演じるルパンイエローとは、妹系のおしゃれガールという役。思ったことがついつい口に出てしまう性格である一方、実は一番テキパキしたしっかりものだったりする。ガーリーなファッションを好み、洋服やアクセサリーなどのオシャレが大好きという設定。

引用元:https://news.walkerplus.com/article/133819/

どうやら工藤遥=妹キャラというイメージを起用した監督やスタッフらが抱いていたようで。

また、水泳で鍛えた類稀なる運動神経もかわれた理由のひとつのようですね。

噂では、以前「仮面ライダーなでしこ」役を演じた真野恵里菜が工藤遥が戦隊ものをやりたがっていることを知っていたため、テレビ朝日に口利きしたという話も挙がっているようなのですが、どうなんでしょうか。(笑)

今後はどうなる?

引用元:https://ameblo.jp/morning-blue/entry-12335897243.html

現在、「戦隊モノ」といえば、ブレイクの登竜門とされています。

そのため、うまいことハマれば、次々と作品のオファーが決まり、ブレイクというのも決して夢ではないのではと思います。

ただ、個人的な意見で恐縮ですが、「現状のままではブレイクは厳しい」と思っています。

グループ卒業の理由として女優と掲げる人は多いです。

工藤遥に関しても「王道のパターンで辞めていったな」と思いました。

しかし、グループを卒業した人は、グループにいた時と同じ、もしくはそれ以上に人気を獲得できる人ってほとんどいないイメージがあります。

工藤遥に関しても「「モーニング娘。」としての工藤遥は大好きでも女優としては・・・」という人も少なくないようなんです。

現にルパンレンジャーでの演技も「微妙」と捉える人も多く、現在のままでブレイクというのは、正直「?」といったところでしょうか。

ですが、戦隊ものは、デビュー作で出演という役者さんも少なくはないので、演技レベルが低い人もわりかしいます。

なので、これから調子をあげていけば可能性はあると思っています。

女優として成功する鍵は「演技力」はもちろんのこと「モーニング娘。に加入していた時とはまた違った個性」が必要になってくるのでは?

モーニング娘。の時の工藤遥で勝負するのではなく、あくまでも女優として差別化を測ることができなければ今後の成長も今後に人気も見えてこないような気がするのです。

厳しい言い方で申し訳ありません。

でも、いつか彼女が掲げている「主演ドラマの主題歌をモーニング娘。が担当して欲しい」という夢が叶うその日まで頑張って欲しいと願うばかりです。

スポンサーリンク