「JUNON編集部が選んだ2018年、絶対来るイケメン」8人の中に選ばれた荒木飛羽。

まだ「13」歳の彼は、現在、イケメン俳優の少年時代の役を多く演じてきて、その演技力などは多いに注目されています。

若いながらもそのずば抜けた演技力は見るものを魅了し、「この子来る」と思わず、言いたくなっちゃうようなかっこよさ。

今回は、そんな次世代イケメン「荒木飛羽」の魅力を余すとこなくたっぷりとお届けしたいと思っています。

スポンサーリンク

荒木飛羽の本名と芸能界入りのきっかけ

引用元:https://twitter.com/hashtag/荒木飛羽

名前:荒木飛羽(あらき とわ)

生年月日:2005年9月28日

出身:茨城県

職業:俳優(子役)

引用元:https://poire122.com/towa-araki/

母親と「キッズコレクション」というファッションショーを見ていた帰り道を突然スカウトされたことをきっかけに芸能界入りを果たした荒木飛羽。

2014年にドラマ『死神くん』に出演し、芸能界デビューを果たします。

所属している「スパイスパワー」という事務所はスウィートパワーという桐谷美玲や黒木メイサが所属している事務所の兄弟事務所といった感じです。

もともとはスウィートパワー所属だったのですが、女優、女性タレントが8〜9割を占めていたからか男性だけの事務所として、スペイスパワーを作った?みたいですね。

ちなみにまだ所属人数は少ないですが、以前記事にもさせていただいた高杉真宙、岡田健二も所属しています。

なお、スウィートパワーおよびスパイスパワーは、スカウトした人しか入れない?と言われているようで、イケメンや美女がとにかく揃い踏みな印象の強い芸能事務所です。

特技はダンスなんです。

EXILEのATSUSHIがなんと3歳のころから大好きだった荒木飛羽は、

そのころからずっとダンスを踊ってきました。

そのため、ダンスが特技とのこと。

将来的には、俳優業だけに縛られずにできれば特技のダンスに携わる仕事にも

関わってみたいといっているとか。

趣味が変わっている?笑

ちなみにそんな中で趣味は「石集め」と言われてます。

なんでも綺麗な石には目がないとか。w

スポンサーリンク

荒木飛羽って本名?

引用元:https://geinou-now.net/araki-towa/172/

実は荒木飛羽が所属している事務所は、芸名の人が多いと言われています。

そのため、「荒木飛羽」という名前は芸名なのではないか?と推測する人が多いようですね。

ですが、正直その真意としては不明です。

ただ、正直なところ、真相というのはわかっておりません。

可能性としてはあるかもねということしか言えない感じです。

事務所の先輩である高杉真宙は、いかにも芸名っぽいですが、本名なので、

余計に謎。

今の時代、キラキラネームというものもあるし、彼もまだ若いので、

本名である可能性も充分ありえそうな気もしますがね。

でも「飛羽(とわ)」って素敵な名前ですよねー。

綺麗というか・・・・

出身学校はどこ?

多少の憶測は飛んでいるようですが、正直、どこの小学校や中学校に通っているかという情報は明確にはわかりません。

ですが、出身である茨城県の学校が有力ではないかと言われています。

現在、東京で芸能活動はしているものの、茨城の学校に通いながら芸能活動するのもできることだとされているからっぽいです。

距離感はよくわからないですが。

ツイッター情報では
龍ケ崎市立城西中学校に通って
いるとか。

公立中学なので、自宅もどの辺か
わかっちゃいそうですが(汗)

まだ映画やドラマの撮影がたまに
あるくらいなので、茨城から通っ
ているんですね。

高校に進学したら、東京の芸能
活動OKのところになりそう?

引用元:https://kininaruweb.com/arakitowa/

上記のような記事もありますからおそらく茨城説が濃厚かもですね。

ちなみに、クラスメートには、「ドラマ見たよ!」などと声をかけてもらうことも多く、どうやら学校では人気者みたいです。

お兄ちゃんは高杉真宙?

引用元:https://hirosroom.com/605/

事務所の先輩で荒木飛羽について調べているとちょいちょいでてくるのが高杉真宙です。

高杉真宙は、荒木飛羽に芸能界での立ち振る舞い方や演技など、いろんなことを教えてくれる人で、本気で慕っているようです。

「優しい人でなんでも気にかけてくれて僕に教えてくれる。いつも感謝してます。」とのこと。

他にもゲームに付き添ってくれたり、荒木飛羽の意見とかを聞き入れてくれてそれを実現するにはどうしたらいいかなど本気で考えて実行してくれたりとかなんてことも。

なので、荒木飛羽には血はつながっていないけれど兄のような存在なんだとか。

そんな高杉真宙は荒木飛羽にメロメロで(笑)「どうかピュアなままで大人になって欲しい」との願いを抱いているそうですよ。

お互いのSNSに一番?といっても過言では無いほど、登場していることから、仲良しな存在であることは間違いないのかなと思いました。

高杉真宙的には、入った時はスウィートパワーには、女性しかおらずやっとできた弟分的存在が荒木飛羽だったためか猫かわいがりしてるみたいです。w

スポンサーリンク

尊敬している俳優はあの人

そんな荒木飛羽が憧れている俳優が「山崎賢人」だとか。

山崎賢人と『トドメの接吻』という作品で共演した際、同じシーンを何度も撮影していたのに、全部演技を変えてきたそう。

それを目の当たりにした荒木飛羽は純粋に感動し、「すごいな」と思ったんだとか。

ですが、そんな荒木飛羽が現在もっとも憧れであり、目標としている俳優は、まだ共演経験は無いですが、「竹野内豊」らしいです。

『謝罪の王様』という作品を見た際、その演技力に圧倒され、「ああ、将来、こういう俳優さんになりたい」と思ったそう。

なので、いつか竹野内豊と共演することを夢見ている部分もあるのかもしれないですね。

とにかく演技への評価がすごい

引用元:https://geinou-now.net/araki-towa/172/

荒木飛羽は、「イケメン俳優の幼少期を数多く演じている俳優」として今、話題なんです。

2014年初出演から現在まで演じてきた作品は以下の通り

EX系金曜ナイトドラマ「死神くん」第2話(2014/04/25)NTV系連続ドラマ「平成舞祭組男」第12話(2015/1/3)NTV「MARS~ただ、君を愛してる~」第8話 第10話 藤ヶ谷太輔 幼少期役 (2016/3/13・3/27)NTV「HiGH&LOW Season2」第9話 窪田正孝 幼少期役 (2016/6/18)CX系火曜10時連続ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」第2話 間宮祥太郎 幼少期役(2016/7/19) CX 系月曜9 時連続ドラマ「好きな人がいること」山崎賢人 幼少期役(2016/7~9)NTV/hulu 「でぶせん」第3話(2016/9/10)TBSドラマ特別企画「往復書簡~十五年後の補習」出演(2016/9/30)TX系土曜ドラマ24「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」10.11話 (2016/12/10、17)NTV系「兄に愛されすぎて困ってます」片寄涼太 幼少期役 出演(2017/4~5)NTV系24時間テレビ40ドラマスペシャル「時代をつくった男 阿久悠物語」深田太郎役(2017/8/26)NTV系日曜ドラマ「トドメの接吻」新田 真剣佑 幼少期役 レギュラー出演(2018/1~3)NHK総合大河ドラマ「西郷どん」徳川慶福役(2018/3~5)NTV系「PRINCE OF LEGEND」片寄涼太 幼少期役 出演(2018/10~)NHK連続テレビ小説「半分、青い。」修次郎役(2018/9)テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!」シゲル役(2018/9/24)フジテレビ開局60周年特別企画「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」(2019/1/6)

引用元:http://www.spicepower.jp/profile/towa_araki.html

瀬々敬久監督「ストレイヤーズ・クロニクル」白石隼也 幼少期役(2015/6/27公開)英勉監督「ヒロイン失格」チビ利太役 (2015/9/19公開)耶雲哉治監督「MARS~ただ、君を愛してる~」藤ヶ谷太輔 幼少期役(2016/6/18公開)李相日監督「ブルーハーツが聴こえる~1001のバイオリン~」出演(2017/4/8公開)河合勇人監督「兄に愛されすぎて困ってます」片寄涼太 幼少期役 出演(2017/6/30公開)菊池健雄監督「望郷」大東駿介 幼少期役 出演(2017/9/16公開)HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION 窪田正孝 幼少期役 出演(2017/11/11公開)「星に願いを」出演(2018/1/11ネスレシアターon You Tubeにて公開)英勉監督「3D彼女 リアルガール」筒井薫役出演(2018/9/14公開)堤幸彦監督「人魚の眠る家」出演(2018/11/16公開)川村泰祐監督「L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」出演(2019/3/21公開)

引用元:http://www.spicepower.jp/profile/towa_araki.html

 

荒木飛羽といえば、とにかくイケメンの幼少期を演じていることで話題です。

これまでに演じてきたのは下記の方々

●藤ヶ谷太輔

●窪田正孝

●間宮祥太朗

●新田真剣佑

●山崎賢人

などなど

イケメンだからという理由ではないのかもしれないですが、これほどまでにイケメン俳優たちの子供時代を演じるというのは、ルックスが評価されている部分もありそうです。

しかしながらそれ以上にいろんな方の子供時代を演じきれるほど演技力があるからという部分もあるのではないかと言われている様子。

たしかにそれはあるかもしれませんね。

どんなに顔が良くても、演技力がままならなかったら選ばれないと思いますし。

とくに荒木飛羽は全ての作品というわけではないですが、割とオーディションで役を勝ち取ることも多いようで。

何度受けても合格できない人も多いなかで、確実にオーディションで役を掴めるということはやはり彼の実力の賜物以外無いでしょう。

ちなみに、荒木飛羽本人に、オーディションの合格のコツを聞いたところ、「お母さんに褒められること」と語っていたそうです。

というのも、オーディションの練習を両親に付き合ってもらうことも多いそうなんですが、自身を褒められて伸びるタイプと分析しているらしく(笑)褒められて自信をつけることで、オーディションでも実力が発揮できていると思っているみたいです。

オーディションを勝ち取る上で特技のダンスもかなり力になっているみたいですよ。

荒木飛羽いわく、演技力だけでなく、特技をアピールすることがポイントなのだとか。

そのため、彼は毎回、オーディションでダンスの実力をアピールし、勝ち取っているみたいです。

ブレイクのきっかけは兄こま?

引用元:http://www.spicepower.jp/blog/towa_araki/?id=15

そんな荒木飛羽の人気が出てきたきっかけとされる作品が「兄こま」こと「兄に愛されすぎて困ってます」です。

この時に「なんかかっこいい子がいる」とネット上などで話題になり、火がついていったよう。

ちなみにこの作品では片寄涼太の幼少期を演じています。

スポンサーリンク

インスタが話題?

引用元:https://twitter.com/hashtag/荒木飛羽

引用元:http://www.twipu.com/tag/荒木飛羽

引用元:https://tsuiran.jp/word/2807515/hourly?t=1538463600

荒木飛羽のインスタは、まだ投稿数が多いわけではなく、たまに更新って感じなのですが、アップされる写真の9割くらいが、荒木飛羽自身が写っている画像のようで、ファン的には、かっこいい荒木飛羽が見れて好評のようですよ。

また、共演した芸能人とのツーショットをアップすることもあるみたいで。

これからの更新も楽しみです。

バラエティ番組の出演はほぼなく(前に行列のでる法律相談所に出ていたことはありましたが)ほぼ演技している姿しか見たことのない荒木飛羽の素の姿を見れるとあってかなり貴重のコンテンツですものね。

荒木飛羽のこれからが期待しかない

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=sY3WY15ILlk

荒木飛羽は、少しずつ名前が売れてきている部分があるなと思いつつも、はっきり言ってブレイクしているかと言われると正直、まだかなと思っています。

ドラマや映画でなんとなく見たことあるけど「誰?」ってなる人も多いかなって。

それでも近い将来、彼の時代が来るような気がしています。

それは、今回の記事でも紹介したような抜群な演技力と若さにあります。

若さゆえにきっと彼はまだまだ変化進化をするように思えるから。

俳優のブレイクというのは、その人にどんなに実力があっても良い作品などに巡り合わないとブレイクできない、いわば運のようなものもあると思います。

でも、荒木飛羽はその抜群なルックスを生かして、イケメン俳優の幼少期を演じていることもすごく強みになると思うのです。

なので、今は地道にイケメンの幼少期で爪痕を残して、そのうち爆発していく姿を見たいって思ってます。

現状、所属しているスパイスパワーをトップとしてひっぱっているのは、高杉真宙だと思ってますが、いつか荒木飛羽が看板俳優ですと言われるような日がきますように。

期待をこめて今回は、荒木飛羽について紹介させていただきました。

スポンサーリンク