”奇跡の美少女”として、デビューして2年弱くらいながら、その活躍が大いに期待されている竹内愛紗。

月には、大人気漫画の実写化『高嶺と花』で主人公「花」役にオーディションで抜粋され、注目されています。

そんな竹内愛紗の魅力に迫ってみました。

スポンサーリンク

竹内愛紗の本名が気になる

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/747034656915743075/

竹内愛紗が所属しているスウィートパワーに所属しているタレントはこの『若手芸能特報部』内にて何度も取り上げてきました。

そんなスウィートパワーは、あるとき、”福島県いわき市にとんでもなくかわいい中学生がいるらしい」という噂を聞きつけたそうです。

ただ、彼女はスカウトに対し、なかなか首を縦にはふらなかったらしく。

それでも見つけたスタッフはどうにかしてスウィートパワーのタレントにしたいと思ったようなので、奥の手として、2016年に、社長本人が10ヶ月の月日をかけ、竹内本人と家族に交渉するという日々を通し、くどき落としたそうです。

そんなこんなで芸能界入りすると、すぐにYmobileのCMキャラに抜擢されたそう。

その3ヶ月後、ヤングジャンプの表紙と巻頭グラビアに抜擢。

そのあと、女優としても活動するなど、活動歴が短いながら、かなり注目度の高い存在であることと、事務所がかなり彼女を推していることがわかります。

ちなみに、初CMも初ドラマも事務所の先輩である桐谷美玲のバーターという形?での出演だったみたいですね。

キャッチフレーズは「奇跡の美少女」

引用元:https://s.webry.info/sp/fanks.at.webry.info/201706/article_39.html

そんな竹内愛紗につけられたキャッチフレーズは「奇跡の美少女」です。

なんかいろんな人につけているキャッチフレーズ?って印象を個人的には感じてしまったのですが、ザ・王道な清純派というイメージからそのように言われているようなのです。

スポンサーリンク

竹内愛紗の本名は?

引用元:https://instagrammernews.com/detail/1965917326318530375

いろいろな噂は飛び交っているものの正直なところ、芸名なのか本名なのか不明なようです。

でも、あいさという名前が芸名っぽいからか、おそらくは芸名なのではないか説がやや濃厚?の様子。

一部では、「本名は古川美咲」という噂が飛び交っていたようです。

しかし、何を根拠にしているのか事実なのか全くの不明です。

ちなみに愛紗(あいさ)の名前の由来としては、「みんなから愛される子になってほしい」という意味だと言われているとか。

特技はトロンボーン

小学校、中学校時代、吹奏楽部に所属していた竹内愛紗は、トロンボーンを小学生のころからやっていたようで。

しかもなんと全国大会に出た経験もあったそうで、特技はトロンボーンのようです。

とくにいわき市立植田中学校にいた竹内愛紗は、吹奏楽の大会で銀賞を獲った経験もあります。

もちろん団体競技なので竹内愛紗だけの力ではないですが、トロンボーンは吹奏楽において主役のような楽器だと思いますので、彼女の功績は大きいものといえるのではないでしょうか。

グラビア界の新星現る?でも水着は・・・・

引用元:https://realsound.jp/movie/2017/10/post-118566.html

デビューして3ヶ月でヤングジャンプの巻頭&表紙になった竹内愛紗。

グラビアアイドルとしても注目か?とされるなか、なぜか水着のグラビアが一切ないというのが彼女の特徴なんです。

とくにヤングジャンプといえば、グラビアアイドルの登竜門と言われており、水着のグラビアは大定番なのですが、彼女のページはファション誌のように服を着て、ポーズを決めるようなものばかり。

でも、ファンとしてはやはり水着グラビアを期待する声もちらほらあるようで。

水着グラビアがない理由としては不明だし、今後あるかどうかも全く未定ですが、本人がもしかしたら水着を拒否している可能性が強いのかなと。

もともと彼女が芸能界に入るのに、口説き落としているという経緯もありますし、水着グラビアは本人および家族の意向がないとダメみたいなので、もしかしたらそういったところでNGが出ているのかもしれないですね。

あの芸能人に似ている?

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/735142339153792308/

最初に「桐谷美玲のバーター」としてテレビに出た印象が強い人も多い人で「桐谷美玲の妹」というような意見も多いようです。

もちろん実際、妹でもなんでもありませんが。

(ちなみに『リベンジgirl』という作品では桐谷美玲の妹役を実際に演じています。)

そのほかには、桜庭ななみにも似ているという意見もあるようで。

でも実際には、雰囲気などが若干似ているというだけで、激似みたいな人はいない印象です。

竹内愛紗は、スウィートパワーのスタッフから「奇跡の美少女」として売り出され、ルックス100点として売り出されているそうですが、ネット上ではその意見について痛烈な批判意見もあるようで。

「は、フツーにそこらへんにいる顔やん」

「なんで、この子が売れてるのって思うレベルよ。」

「芸能人って感じじゃない。埋もれている感満載」

などと言われています。

んーー、感性は人それぞれですが、正直、私自身も竹内愛紗は「フツーにかわいい」とは思いますが、「絶世の美女」ってほどではないのではないかと思ってしまいました。

スポンサーリンク

『高嶺と花』で期待される活躍

引用元:とれたてフジテレビ

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZZYw9nCHSnM

2019年3月18日からFOD(フジテレビオンデマンド)で配信開始された作品『高嶺と花』。

この作品で竹内愛紗はおよそ500人が参加したオーディションで見事、主演である「野々村花」役を獲得しました。

相手役は同じ事務所の先輩となる実力派若手俳優「高杉真宙」

引用元:https://natalie.mu/comic/news/316618

「高嶺と花」は花とゆめ(白泉社)にて連載中のラブコメディ。物語は姉の替え玉として変装した花が、天下の大財閥・鷹羽グループの御曹司である高嶺とお見合いをするところから始まる。円満に破談に持ち込む予定だった花だが、高嶺の横柄な態度と罵詈雑言に激昂し、啖呵を切ってその場を立ち去った。高嶺は自分の外見やステイタスに左右されない花に興味津々。2人のツンデレな駆け引きがスタートする。単行本は12巻まで刊行されている。

引用元:https://natalie.mu/comic/news/316618

※引用した記事には、12巻となっていますが、実際には13巻まででています。

この作品は、才原高嶺と野々村花のコロコロ変わる表情と絶妙な掛け合いが大変魅力的な作品なので、竹内愛紗的にもその点に重きを置いて、見てくださる方が、思わずクスッと笑っちゃうような楽しい掛け合いを目指しているみたいです。

原作者の師走ゆきさんも「掛け合いが楽しみ」とコメントしている様子。

竹内愛紗さんの抜擢に関しては、世間の評判としては、賛否両論がかなり飛び交っているようで。

まあ、原作がある作品に関しては誰が演じることになっても必ずと言っていいほど批判というのはあるものだとは思いますが。

竹内愛紗はほぼ無名なので、どんな人だからわからないからこそ、「期待」もありつつ「無名なやつを使うなよ」的な意見があるのも事実。

しかしながらこの機会は、竹内愛紗にとって一斉一隅のチャンスであることは間違いないかと思いますので、精一杯頑張ってほしいと思います。

FODじゃないと見れないのが、なんか残念感がありますが。

今後の彼女の活躍を予想してみた

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2ksFRM5vNbE

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=-OFkX6qpsNc

今後の活躍としては、女優としての活動はしているものの、個人的には女優としてより、グラビアアイドルとして火がつきそうなイメージもあります。

目標(尊敬する人)が高畑充希ということなので、それを考えると今後はグラビアアイドルというよりも”実力派女優”を目指していきたいということなのかなと個人的には感じました。

まだ芸能活動を初めてから1年半?くらいしか経っていないような感じなので、正直まだまだこれからだと思います。

それこそ高畑充希も若い頃から活動はしていたものの大ブレイクしたのはここ数年ほど前からというイメージが強いですしね。

演技を拝見させていただきましたが、正直ちょっとまだまだかなと感じました。

(素人目にみた意見です。)

でも作品数も少ないですし、経験値がまだまだ低いので「これから」だと思います。

現在、事務所の先輩などと一緒に出演する作品が多く、良い意味でいっぱい引き出しに吸収するものがあるということは、ポテンシャルはまだまだ無限大なのではないかと感じています。

また、現在初めての主演を務めている『高嶺と花』というドラマがどれだけ人気が出るかにかかっているのではないでしょうか。

ネット配信の作品ではありますが、ネット社会である現在、テレビよりもある意味ネット配信作は影響力がある場合もあると思いますので。

それに現在大人気の少女漫画作品の実写作品ということで、作品のファンの方が観てくれるかと思うので、そういった点でも勝負どころといえるかもしれませんね。

事務所がゴリ押し中?

なお、4月20日放送、古田新太主演『俺のスカート、どこいった?』という作品に、今泉茜という役で出演することがきまりました。

この作品は、古田新太演じるゲイで女装が趣味の主人公が繰り広げるドタバタ学園エンターテイメントだとか。。

その中で、彼女が演じる今泉という役はクラスの中心人物で明るく行動力のあるムードーメーカーなんだとか。

ほかの出演者には、King &Princeの永瀬廉や「ルパンレンジャー」役で注目を浴びた若手俳優の伊藤あさひなどもいるそうで。

事務所的には、きっとフレッシュな若手女優としてこれから売り出していきたいのかなと思いました。

これからが楽しみ

大人数のオーディションから主演の座を勝ち取ったということは誇りを持って良いところだと思いますし、人気俳優をたくさん生み出している事務所に所属していますからこれからに多いに期待しちゃいましょう。

本当、これからの活躍が楽しみといえる人物です。

スポンサーリンク